更年期の肩こり

更年期だから肩こり?他にも原因はありそうです。

更年期は肩こり、腰痛がひどくて大変

 

よく聞きますよね。肩こり、腰痛の原因は知っていますか?肩こり、腰痛の原因は
血行不良によっておきます。その血行不良はたどっていけば、女性ホルモンの分泌量の減少に行き当たります。

 

 

女性ホルモンの減少

自律神経の乱れ

血行不良

栄養が行き渡らない

肩こり、腰痛

 

女性は特に筋肉が少ないので、肩こり、腰痛になりやすいのです。
更年期前から腰痛、肩こりがある方はもしかしたら、更年期のせいでなく、違う原因を疑ってみてもいいでしょう。

 

背中がバリバリに凝って痛い。
息をするのも辛いような肩こり。
同じ姿勢がつらい腰痛。
重いものは全く持てない腰痛。
本当につらいものです。

 

それは更年期の肩こり?

 

更年期の特徴である、ホットフラッシュ、不眠、不安などがないのに肩こり、腰痛だと、「更年期だから」と片付けてしまうのは、早すぎます。
ちょっとした対処法で楽になる事もあります。

 

・眼鏡は合ってますか?
もし目が悪くても、コンタクトやメガネをしていないのであれば、そこから肩こりが来ているかも知れません。またメガネをしている方なら、度数が合っていないかもです。
メガネを調整しただけで、ウソみたいに肩こりがなくなった人もいます。

 

・軽い運動でいいので身体を動かしましょう
多分、更年期になると、一部の人を除いて、運動らしい運動はしていないはずです。軽い運動でいいので、一日に一度でいいので、しっかり動かしましょう。

 

 

工場の前を通ると、そとで朝礼を兼ねて、ラジオ体操をしている会社を見た事ありませんか?
若い子は笑うかも知れませんが、あれは理にかなってます。ギックリ腰の予防にもなるし、肩こりの予防にもなります。
思い出した時に運動ではなく、継続した運動が重要です。

 

 

・食事はしっかり摂ってますか?
ダイエットの事が頭にあると、どうしても、タンパク質が少なくなる人が多いものです。身体はタンパク質で作られると言われるほど大切は栄養分です。
ダイエットが気になるのも分かりますが、栄養バランスを考えた食生活がベストです。

 

更年期を迎える年代の女性は「ふくよか」になりがちです。
運動と、食生活、睡眠という基本的な事はしっかりおさえましょう。

 

女性ホルモンの分泌を促すにはプラセンタ

 

ひどい、我慢ができなような状況、症状であれば、まずは病院です。
専門医に診てもらうのが、精神的な安心感も手に入ります。

 

 

更年期対策のお薬は様々なものがありますが、
病院に行くほどでもなく、なんとなく、更年期っぽい症状が出た時はプラセンタもなかなかです。

 

更年期の肩こりの原因の一つは女性ホルモンの分泌減少です。
プラセンタはエストロゲン(女性ホルモン)の分泌を活発にします。

 

更年期の女性は、体内のコラーゲンは一気に減少します。
コラーゲンが減るのでコラーゲンを補充するという方法もあります。

 

プラセンタはコラーゲンを作る細胞(線維芽細胞)を元気にします。

 

何かいいものを知っているのであれば、それがいいと思います。
思い当たるようなサプリを知っていないのであれば、プラセンタも候補として頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

プラセンタのオススメはこの二つ→