更年期のイライラ

更年期のイライラで一線を越える

イライラが大きくなると、一線を越えてしまう事になります。一線を越えるというと、何だか、いかがわしい事を
想像してしまいがちですが、今まで、我慢したり、胸にしまっていた事が、出てしまいます。
今までは我慢出来ていた事も出来なくなったり、言ってはいけない事が口に出たりする事が起きてきます。

 

 

 

誰でもイライラはありますが、普段穏やかな人がイライラすると、周りの人への影響もあります。
そして本人はイライラしてしまった・・・とさらに落ち込み、負のスパイラルに陥ります。原因を説明していきます。

 

 

ホルモンのバランスが大きな影響をもつ

 

卵巣の機能の低下

女性ホルモンの分泌の減少(エストロゲン)

下垂体がホルモン分泌の司令を送る

女性ホルモンの分泌量は増えない

さらに司令を出す

増えない

 

女性ホルモン分泌の司令を出す部分は、自律神経を整える場所と近く、女性ホルモン分泌の司令を何度も送っていると、

自律神経まで影響が出てしまいます。

 

 

その結果、イライラしたり、起こりぽくなったり、自制が効かなくなりがちです。普段から、怒ったりする人は目立ちませんが、いつも穏やかな人のイライラは
特に目立ちます。

 

更年期は人生においても、様々なストレスが重なる時期でもあります。
子どもの独り立ち、親の介護、パートの仕事のストレスなど、気にし始めたらキリがありません。イライラはストレス発散の最もいけない結果です。
その結果、夫婦仲も険悪になる事もあります。

 

イライラして周りに迷惑をかけてしまうと、さらに落ち込みます。思いやりがあったり、まわりに気を使う人、また、ストレスを感じやすい、繊細な人ほど、目立ちます。
ストレスを感じない生活を意識する事が大切になってきます。

 

 

イライラ軽減・ストレス解消の対策

 

当たり前の事を当たり前に実践する

 

 

・体内時計をリセットする
朝日に浴びたり、規則正しい生活をして体内時計をリセットすると、セロトニンというイライラを緩和してくれるホルモンが分泌されます。
朝のジョギング、ウォーキングなどが効果的だと一般的に言われています。

 

・食生活の見直し
カルシウムやマグネシウムが不足すると、不安やイライラが起こりやすいのです。自然の精神安定剤と言われている重要な成分です。
サプリも販売されていますし、普段の食事からも摂取する事が出来ます。

 

カルシウム
魚だと、イワシ、サンマ。貝類だと有名なものはシジミですね。また乳製品でゃヨーグルト、チーズからも摂取出来ます。

 

マグネシウム
豆類や藻類や魚介類に含まれています。また大豆製品にも多く含まれています。マグネシウムは摂りすぎても尿として外に出ますので、たくさん摂っても問題ありません。お酒をたくさん飲む人はマグネシウムは尿として出やすくなりますので、注意が必要です。

 

※最も大切な事はカルシウム、マグネシウムといった、ミネラルをたくさん摂る事ではありません。
これだけ摂っていればいいというものではありません。バランスが大切です。
今のテレビの報道の仕方にも問題があると感じています。

 

「血液をサラサラにするには玉ねぎがいい」勿論間違いではありません。
玉ねぎだけ食べていれば安心のように勘違いする人も出てきそうです。何事もバランスが大切です。

 

自分に投資する

 

体内時計とか、食生活とか、当たり前の事ですよね。
聞いても

 

ふ〜ん

 

これでおしまいです。私もそうですから分かります。

 

自分に投資する事をオススメします。
趣味を持つののもいいのでしょうが、更年期は忙しい人が多いので無理な人もいます。そこで提案したいのがプラセンタです。

 

キレイになっちゃいましょ!!

 

という事です。

 

 

プラセンタは女性ホルモンのバランスを整えます。そうです。更年期特有の女性ホルモンの減少を緩和します。
さらに、美容ではお肌の調子が良くなる人が多い、すぐれものです。
更年期障害のお薬で処方されているのはヒトプラセンタといって、病院に行って処方してもらわなければいけません。

 

 

気軽に摂取出来るのが、馬や豚などから生成されたプラセンタサプリです。
質の良いプラセンタを継続するといい事が起こる可能性がかなり高いです。

 

更年期のイライラに期待出来て、美容目的でも期待出来ます。
コラーゲンやヒアルロン酸もいいでしょうが、更年期、美容目的に一石二鳥なのはプラセンタです。

 

まとめます。
イライラがひどい時は間違いなく病院です。
でも病院に行くほどでもないと感じているのならプラセンタサプリも「あり」です。