プラセンタ化粧水

プラセンタを飲んでいる時の化粧水の選び方

 

 

お肌には水分が大切だから化粧水はしっかりつける?

 

なんだか正しい気がするけど、ちょっと気をつけないといけない事があります。

 

化粧水の水分がそのままお肌の潤いになるという事はありません。
化粧水の成分は水が占めています。

 

 

保湿成分が入っている化粧水か、しっかり調べてから使って下さい。
保湿に大切な成分はお水ではなく、セラミドやヒアルロン酸です。

 

 

セラミドは年齢とともに減っていきいます。
セラミドが減っているお肌に水をつけても、大げさに言うと、ただ、濡らしているだけという事になります。

 

 

プラセンタサプリを飲んでいる時に効果をさらにアップする化粧水は
当たり前ですが、保湿成分が配合されている化粧水です。

 

 

プラセンタサプリは線維芽細胞を元気にします。


線維芽細胞は保湿の元となる、セラミド、エラスチンを生成する働きがあります。

 

 

 

ただし、プラセンタサプリは即効性はないので、外側からも
保湿成分を補給するというのが正しい方法、効率的な方法と言えます。

 

 

母の滴プラセンタexというサプリを販売しているフローレス化粧品は
化粧水もスーパープラセンタ配合のすぐれものを販売しています。

 

 

 

 

お肌につけるものは、赤くなったり、かゆくなったする物があるかもしれません。
悪い口コミは見られませんでしたが、念には念を入れてお試しからスタートするのがいいでしょうね。

 

化粧水、クリーム、美容液、それぞれにスーパープラセンタ配合という驚きの成分です。

 

 

以前の化粧水とスーパープラセンタ配合の化粧水との違い

 

「お肌の潤いがない時に色々とつけるのはよくない」

「化粧水だけにした方がよさそう」

 

このような迷信のような事が言われていた時もあります。
潤いがない時には潤い成分が入っていない化粧水はNGです。

 

つける物を減らすのであれば、潤い成分配合の化粧水か美容液、クリームがいいでしょう。

 

 

母の滴の化粧水は潤いの土台でもあるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンに働きかけてくれるスーパープラセンタ配合のすぐれものです。

 

 

プラセンタサプリで内側から線維芽細胞に働きかける

母の滴化粧水で外側から線維芽細胞に働きかけます。

 

 

もしかしたら年齢型敏感かも??

 

・お肌の質感が変わってきた
・使っている化粧品が合わなくなってきている
・お風呂上がりにすぐに乾燥を感じる

 

こんな症状を感じたら年齢型敏感肌を疑ってみたほうがいいでしょう。

 

 

身体の内側から、そして外側からも
潤いの元を作る線維芽細胞に働きかけて、お肌に潤いやハリを感じてみるのなら

 

プラセンタサプリと母の滴化粧品シリーズの併用が効果的です。

 

 

まずはお試しセットで感触を試してみるのがいいでしょう。
サプリと比較するとお肌につける化粧品は実感が早めです。

 

母の滴のスーパープラセンタ配合の化粧品、かなり良いです。

 

化粧水はバシャバシャつける?

 

「化粧水は安いものでもいいのでたくさんつけた方がいい」
聞いた事がありますよね?

 

肌に水分がしみこんでいく訳ではありません。ほぼ意味がないことです。

 

ただ濡らしているだけです。

 

そして、化粧水をコットンでパッティングするのも止めた方がいいでしょう。
コットンは上質のものでも繊維の刺激でお肌に悪影響があります。お肌に小さなキズができやすいと言われています。

 

 

化粧水をつけるには「手」でプレスが鉄板です。

 

時々、つけた後にパンパンと叩く人もいます。多分、お肌の引き締めや血行の事を思っての事でしょう。
お顔を叩くのはシミの原因にもなりかねないので、やめましょう。
血行を良くするのであれば、ツボを刺激するか、リンパマッサージです。

 

 

プラセンタサプリの実感をアップしたいのであれば

 

プラセンタサプリの実感をアップしたいのであれば
外側からもプラセンタ配合の化粧水を取り入れましょう。

 

試してみるとハマります。まずはお試しがオススメの順番です。

 

母の滴スーパープラセンタシリーズのお試しを見てみる→