母の滴プラセンタ口コミ

プラセンタの効果を簡単に説明すると。。。。

線維芽細胞増殖因子とか上皮細胞増殖因子って知っていますか?

 

知りたいのは、そんな難しい事じゃなくプラセンタでどんな風に違いが分かるのか、それだけですよね?簡単に説明します。

 

簡単に説明します。簡単すぎたらごめんなさい。
もっと難しい言葉で説明している人はたくさんいますので、難しい言葉が良い方はそちらをどうぞ。

 

 

 

プラセンタでお肌に違いが分かる点、五つ。

 

・新陳代謝がよくなった気がする
ターンオーバーをその人自身のサイクルになるべく近づけて、その人の年齢で最もいい状態に近づける。若返りのお薬じゃありませんので、その人のベストの状態に
近づけるというのが最も合っている表現方法です。

 

・保湿に違いを感じる
使っているうちに、肌に潤いを感じる人が多く見られます。

 

・お肌の弾力性に違いを感じる
これはプラセンタがコラーゲンの生成を活発にするので弾力を感じる人も多く見られます。

 

・抗酸化作用
お肌のダメージの原因の活性酸素の発生を抑える期待が出来ます。

 

・美白効果(その人なりの)
これも勘違いをしている人がたくさんいます。プラセンタは漂白作用はありません。メラニン色素を生成しにくくしてくれるのがプラセンタ。その人自身の
ベストの状態、あるべき姿に近づきます。美白になったのではありません。本来、その白さが当たり前だったのですが、老化やメラニンによって、くすんだお肌に
なってしまいます。それに抵抗してくれるのがプラセンタという訳なんです。

 

 

本来はお薬だったプラセンタ

 

元々プラセンタは肝機能障害や更年期障害の治療が目的でした。
治療していくうちに、お肌がツヤツヤになったり、髪の毛がツヤツヤになったり、お肌に潤いが出たりして、【美容目的】に転用されるようになりました。

 

言ってみれば、偶然、見つかったものと言えます。偶然の産物で有名なものはミノキシジル。
育毛剤の有名な成分のミノキシジルというものも、血圧の治療に使っていたところ、髪の毛がふさふさになったりして、転用されたものです。

 

こんな役に立つ転用なら大歓迎ですね。

 

更年期独特のめまい、のぼせ、冷えなどの症状緩和でも有名だったプラセンタです。

 

美容目的でのプラセンタは、お金持ちか芸能人だけだった。

 

プラセンタは、以前はかなり高価でお金持ちか芸能人だけが使えるようなものでした。最近のプランセンタの精製方法の改善で、お値段はかなり下がってきました。
それでもクリニックで注射は一般人にはハードルは高いですよね。

 

そこでコストを抑えるためにヒトでなく馬、豚からプラセンタを作ることにシフトしました。
芸能人で肌がツヤツヤの人はプラセンタの注射だという話でしたが、今のプラセンタの流れはサプリです。今はサプリで気軽にプラセンタを摂取できるようになりました。

 

 

プラセンタは代謝を上げる

 

 

プラセンタにはアミノ酸、活性ペプチド、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

 

 

プラセンタはたくさん入っている栄養を行き渡らせて、代謝をあげる

 

 

これが最も大切な事です。代謝が良くなると、細胞の再生サイクルが早くなり(ターンオーバー)、きれいな肌を作りやすくしてくれます。プラセンタは毛細血管を広げて栄養分が行き渡りやすくしてくれます。

 

 

毛細血管を広げる

血行が良くなる

新陳代謝がよくなる

お肌のターンオーバーが早くなる

お肌がキレイになる

 

簡単にいうとこんなイメージです。勿論、途中に難しい言葉がたくさん入りますが、これで要点は抑えてます。

 

これがプラセンタが人気の理由です。

 

 

ヒアルロン酸、コラーゲンなど、それだけでサプリになっている美容成分はたくさんあります。このヒアルロン酸、コラーゲンなどは年齢とともに、自分で体内で作ることが出来なくなってきます。それで足りなくなった美容に良い成分を補給しましょうという理由で人気です。

 

プラセンタはヒアルロン酸、コラーゲンを自ら作れるように働きかけます。

 

 

ヒアルロン酸、コラーゲンが足りないから補給する。(コラーゲンサプリ)
ヒアルロン酸、コラーゲンを自ら作れるようにする。(プラセンタ)

 

どちらがいいですか?私は当然プラセンタを選びました。

 

美肌の条件は?

 

ちょっと想像してみてください。。。。。。。。。

 

 

・シミやくすみがない
・潤いがある
・色白

 

こんな所でしょうか。付け加えるとするなら
・きめ細やかな肌でしょうね。

 

 

ではきれいな肌になる要因はどうでしょう。

 

 

一番は新陳代謝です。新陳代謝がきちんと出来ていれば肌の生まれ変わりが早くなります。そしてメラニン色素ができにくく、出来たとしても早めに消滅しやすい肌。そして潤いがあって、もちもちな肌です。

 

 

それを邪魔するのが加齢です。年齢とともに、皮膚の生まれ変わりが遅くなり、皮膚自体にも影響が出てきます。
プラセンタは加齢によって落ちていた、肌の生まれ変わりの機能を活発にします。

 

 

そんな万能薬のような成分がプラセンタです。
※勿論、今説明しているプラセンタはお薬じゃありませんが。。。。

 

 

肝機能障害や更年期障害に治療から転用されたプラセンタですが、

 

 

プラセンタはの意味は胎盤。

 

胎盤は赤ちゃんの臓器を全て作ってしまうたくさんの栄養を含んでいるものです。
たくさんの良い口コミが見られるのも分かります。

 

 

さて、そんなプラセンタですが、私が使っているのは母の滴という馬プラセンタです。

 

たくさんあってどれを選んでいいのか分からない人がたくさんいます。

 

簡単にプラセンタを選ぶコツをシェアします。

 

・プラセンタ100%(余計な混ぜ物がない)
・一日の摂取量が多いもの。
・馬、豚どちらかといえば、馬。(私は馬の方が違いが分かった)

 

何か知っていれば、それがいいでしょう。以上の条件を満たしているプラセンタは私の知っている限り母の滴が一番です。

 

 

以前はtp200nextという人気がある馬プラセンタを飲んでいましたが、母の滴に乗り換えました。
母の滴、かなりいい感じです。
tp200nextと母の滴の比較した記事→