更年期 何歳

個人差がありますが、平均だと45歳から55歳くらいまでを言います。
違う言い方をすると、閉経の前後5歳くらいの期間です。ほとんどの女性は50歳前後で閉経を迎えます。
という事で、おおよそ45歳から55歳くらいまでを言います。

 

 

 

更年期の症状は?

 

ある程度の年齢になると卵巣の働きが弱くなり、女性ホルモンの分泌が急激に減ります。
このホルモンの減少が最大の原因です。
女性ホルモンの中にあるエストロゲンの減少が自律神経に作用し、体調が悪くなります。

 

 

その他には当然ですがストレスも大きな要因です。
自律神経に作用するという事はそうです、自律神経失調症とも言えるということです。
イライラ、不安感、不眠などは「うつ」の症状と似ているので、不安になる方も多いと聞きます。
それ以外には、動悸、ほてり、発汗などの症状が知られています。

 

細かく言えば食事、生活パターン、運動不足、色んな事を疑ってみる必要があります。

 

更年期障害は何科の病院?

 

症状によってどの病院に行っていいか分からない人もいますよね。
素人があれこれ考えるより、産婦人科で診てもらうのが一番安心な方法です。

 

 

うつ・・・と思って精神科かも・・・なんて思う前に
まず婦人科がいいでしょう。行く前はイヤですが、行った後は安心感がありますよね。

 

 

婦人科の診療方法

 

有名なのは二種類

 

 

精神心理療法

 

 

精神心理療法なんて難しい言葉ですが、有名なのは自分の行動を思い起こして、
いつ、どんな時に、どう思った、どう感じた、何をした、周りの人はどう感じたか、等、
自分の行動を呼び起こして行動を改善していく行動認知療法が有名です。

 

 

イライラしたり、いつも疲れている自分をだらしなく感じたりする必要なんかありません。
大切なのは更年期をどうやって過ごしていくかです。穏やかに乗り切りたいですよね。

 

薬物療法

 

これはお薬で乗り切って行く方法です。
漢方、ホルモン補充療法、プラセンタ注射などが知られています。

 

 

ホルモン補充療法は色んな副作用があるとか言われていますが、
婦人科に行くと、しっかり説明してくれますので、安心出来ます。

 

 

何となく更年期ぽい症状だけど??

 

病院に行くほどでもないという方も多いと思います。
そして病院が嫌いな人も・・・・私も好きじゃありません・・・

 

そうなると、まずは食事で栄養バランスを取ることから始めるのがいいでしょう。

 

 

と簡単にいいましたが、出来ますか?
私には食事で栄養バランスをしっかりするということは、とてもハードルが高く感じます。

 

そんな時にはサプリの力を借りるのも一つです。

 

病院で処方してくれるのはヒトプラセンタです。
当然、病院でしか手に入りません。

 

簡単に手に入るのは馬、豚のプラセンタです。

 

 

少ししかプラセンタを含んでいないのに大きく

 

プラセンタ!!

 

 

と打ち出しているものもありますが、プラセンタは質と量にこだわった方が間違いなく違いが分かります。

 

 

 

 

私が使ったプラセンタはこれです→