更年期には様々な症状が現れるので、めまいが起きると更年期だからと自分で決めてしまう人が多いんです。日によって、調子が悪い部分が変わったり、「めまい+汗」とか、「めまい+冷え」とか同時にたくさんの症状が出ることもあります。

ほとんどの原因は卵巣機能の低下によるホルモンの分泌量の減少です。

あまりにもひどいようであれば、すぐに病院です。
婦人科か更年期外来で大丈夫です。少し様子を見ようと思うのであれば、ドラッグストアで相談してもいいでしょう。

更年期になったら、普段の生活を見直して、規則正しい生活、食事の見直し、睡眠、運動、といった基本的な事を考えましょう

と見る事がありませんか?更年期はほとんどの人が、人生で最も忙しい時期にあたるはずです。

パートに出ていて、子どもの世話、ご飯の準備などなど。また子どもの世話がなくても介護の問題も出てくる時期が更年期に当てはまります。最も忙しい時期に、更年期が重なる人が多いはずです。

睡眠をしっかり取って、ゆったりと過ごす事が大切なのは分かっています。それが許されるのであれば、ずっとそうしていますよね?

更年期になってから生活を見直しをするより、そろそろ更年期がくるかなと感じた頃から対処するのがひどい更年期を少しでも軽くする方法の一つでもあります。

時期で言えば更年期が始まる少し前、
言ってみればプレ更年期と言われるあたりです。

そんな時には、更年期、お肌の調子、両方を視野に入れたすぐれものがあります。

プラセンタです。

プラセンタは更年期を考えるのであれば、女性ホルモンの分泌を助けます。またお肌の事を考えるのであれば、コラーゲン、エラスチンを生成する細胞(線維芽細胞)を活発にする事が出来ます。まさに一石二鳥のすぐれものです。更年期には漢方というイメージがありますよね。とてもいいものがあると聞きます。

プラセンタも負けてはいません。

だって、プラセンタ※は更年期障害で処方されているものですからね。

※ヒトプラセンタ

更年期は何事もなかったように、辛さがないまま過ぎる人もいます。またプレ更年期で辛い人は、更年期に入ると、さらに辛くなるという事も聞く話ですよね。

めまいがひどい時は

繰り返しますが、すぐに病院です。

専門家に診てもらうのが一番です。何より安心感があります。風邪でも一緒ですよね?ひどい時は間違いなく病院です。素人の勝手な自己判断がもっともいけない事です。

まだ更年期でなくても。似ている症状が出てきたら、その時点から生活習慣や食事も見直ししてみてください。
それが絶対ではありません。テレビで言っていた事だけを信じる人もいますが、偏りは危険です。

生活習慣や食事は意識するだけでも違うものになってきます。
バランスを考えて下さい。

血液をサラサラにするには玉ねぎがいい。確かにそうですよね。よくテレビでやっていますが、玉ねぎだけ食べていれば良いものではありません。

トマトが良いと聞けばトマトばかり。
バナナが良いと聞けばバナナ。

これ、私の事です。確かにトマトはリコピン酸がとても身体にいい成分です。そしてバナナでお腹をふくらませると、その後の食事は少なくて済みます。でも大切なのはバランス。

最近は意識だけベジタリアンになっています。

お肉も食べるちょっとだけいい加減なベジタリアン

これ、ダマサれたと思ってやってみて下さい。かなりいい感じです。私は身体が軽くなりました。

アラフォーの私は今はプラセンタを飲んでいて、体調がかなり良いです。意識だけのベジタリアン、そしてプラセンタサプリの二つだけ実践中です。朝の目覚めが良くなり、気のせいか、お肌のハリも出てきています。

母の滴というプラセンタを飲んでいますが、今ではお守り代わりです。

手足の冷えは多少ありますが、まだ更年期障害のようなものはありません。このまま出ないことを祈ってます。ただし、これは私の事です。私の事が全てに当てはまる事はありません。目安として考えて頂ければと思います。

もし更年期障害が出てきたら、家族とはしっかり話をして、協力してもらうつもりでいます。決してサボりたいとか、楽したいとかではありません。一番大変な忙しい時期ですが、最も充実している時期でもあると前向きに捉えようと考えています。

私が飲んでいるプラセンタは今は母の滴。
その前に飲んでいたのはtp200nexというプラセンタです。
どちらも馬プラセンタのサプリです。

二つのプラセンタを比較した記事は→

もし、何か良いプラセンタを知っているのであれば、それもいいでしょう。大切なのは、合っている物を見つけたら継続する事です。

合うものを探すまでは色々と試すべきです。
継続しやすいお値段、質のいいプラセンタが選ぶ時のコツです。

更年期「めまい」まとめ

更年期のようなめまいが出たら

 

1 医療機関での受診 (安心感があります)

2 一般用医薬品で対応(相談すれば説明してくれます)

3 生活習慣の見直し (意識するだけで違います)

 

この順番です。