しっかり化粧をしたつもりなのに、なぜか若い頃のようにワクワク感がない・・・

しっかり寝たつもりなのに、お肌がどんよりしている。

顔色が良くない・・

そんな事ありませんか?間違いなく、加齢サインです。

大切な事は原因を知ることと、早めの対策です。お肌のくすみの原因と対策を説明します。

角質のコンディション(肥厚)

洗顔してもお肌の触った感じがしっとりこない、ごわごわする。そんな方はお肌の代謝が悪くなっている証拠です。代謝が悪いと角質がターンオーバーで剥がれません。

ちょっと難しい言葉を使うと角質の肥厚といいます。

若い頃は新陳代謝もよく、パッと明るいお肌のイメージがあります。新陳代謝が良いので、古い角質がはがれ落ちるからです。

ところが加齢とともに、角質が剥がれ落ちなくて、残ってしまうことがよくあります。残ってしまうと、次第に角質が厚くなってきます。角質の細胞自体が、グレーっぽいので角質が残っていたり厚くなってくると明るいお肌に見えません。イコールくすんでしまうという事です。

若い子のターンオーバーは28日程度だと言われていますが、
40代は間違いなく、40日は超えています。

個人差があるといっても、40日を超えてくると、
対処していかないと、さらに悪化してしまいます。

対処法

真っ先に思い浮かべるのは、ピーリングですよね。
古い角質を落とすには手軽な方法だと言われています。

ピーーリングも合う人、合わない人がいます。そして、ピーリング用のジェルにも相性があります。もしピーリングをするのであれば、ピーリング後の保湿に注意です。またゴシゴシとこすり過ぎると肌荒れの原因にもなります。

本来なら、保湿ケアが良いのでしょうが、角質が厚くなった状態では実感するのに時間がかかり過ぎます。あまりこすらずに、角質を剥がす事が大切です。睡眠、運動、バランスの良い食事は当然のことです。

お肌の乾燥

肌の肥厚は説明しましたが、お肌が乾燥してくると、水分を逃さないように、角質が厚くなる事もあります。

同じ角質の肥厚でも、お肌のターンオーバーに関係するものと、乾燥に関係するものがあります。ほとんどのお肌のトラブルは「乾燥」がキーワードになってきます。

対処法

乾燥によるくすみは、最初に保湿ケアするのが当たり前ですが、保湿クリームを塗ってケアするだけでは実は、その場しのぎなのです。

皮膚から水分が逃げてしまうのは、フタやバリア機能の役目をしている角質間脂質の働きが悪いからです。角質間脂質の成分のほとんどがセラミドという成分で、加齢と共に減少してきます。

セラミドがフタの代わりになってくれたり、外気に対してのバリア機能の役目をしているという事です。

じゃあ、「セラミドが足りないのであればセラミドを補給すればいい」

と思いますが、身体の構造はそれほど簡単ではありません。


セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などを配合しているものを塗るのは大切ですが、セラミドを作るような体質に変えていく事も意識しないといけません。

洗顔の仕方や洗顔料の選び方にも注意が必要な年齢になってきているという事です。

血行不良が原因のくすみ

血行不良でも顔色は悪く見えます。

加齢とともに、毛細血管への血流も悪くなります。毛細血管へ流れる血液自体も暗めの色になってきます。さらに毛細血管の流れが悪くなると、お肌に栄養素が行き届かないので、潤いや、ツヤなども減ってきます。このような方は冷え性や貧血にも悩みます。

対処法

血行改善には運動やマッサージなどで血行を良くしたり、食事も血液をサラサラにしてくれるものを意識する事です。

血流、血行不良などで思い出すのが、鉄分ですね。鉄分は食事からは摂取しにくい栄養素です。ぜひ意識して摂るようにしてみてください。

プラセンタには血流をよくする作用があります。
鉄分を補給するサプリも良いでしょうが、プラセンタを飲むのも非常に効率的です。

質の良いプラセンタを選んでください。思い当たるプラセンタがあれば、それが良いでしょう。もしご存じないのであれば、私が飲んでいる母の滴もなかなかです。

酸化や皮脂の汚れ

化粧を落とさないで寝てしまったり、クレンジングに手抜きをしがちな人に多いのがこれです。お化粧をした日は、しっかりクレンジングしてください。

クレンジングが中途はんぱだとお肌によくありません。ありがちなのが、お化粧がほとんど取れてしまっている時

どうしてもクレンジングの手抜きをしてしまいがちです。特に強敵はファンデです。お化粧が落ちて、ほとんどスッピン状態でも、毛穴にファンデが残ってます。

お化粧が残っているとお肌が酸化してくすんだお肌がさらにくすみます。面倒な気持は分かります。出かける前はしっかりお化粧する気持になりますが、家の中では油断します。

そしてすぐに寝てしまいたい気持・・・・誰でも一緒です。クレンジンでお肌のくすみが取れる訳ではありませんが、先々の事を考えると、「マスト」です。

ちょっと難しいんですが、お肌の皮脂を必要以上に奪わないクレンジング、これを意識してみるのがいいでしょうね。

肌糖化でくすみ

肌糖化という言葉は最近知りました。

私達の食べたものの糖質がコラーゲンを糖化させるという話です。

その結果、くすみが出てしまいます。お肌で糖分がタンパク質と結合します。結合したものがくすみの原因になります。

糖質制限

対処法

肌糖化に対抗するには当たり前の事ですが、糖質制限がベストです。糖質制限と聞くと、ライザップを思い出しますよね。痩せた体型に目を奪われますが、よく観察してみてください。

お肌のツヤが良いのが分かると思います。

糖質制限は痩せるためだけではありません。身体の根本的な所まで掘り下げているのでライザップは結果にコミット出来るんですね。

ライザップの糖質制限は化学的な根拠があるそうです。トレーニング、食事、全てプロの集まりがライザップという話です。

ということで・・・糖質制限は、頭に入れておいて下さい。これはお肌のためだけではなく、体調管理、ダイエットまで影響を及ぼします。糖質制限で悪いことは一つもありません。

といいながら、オヤツに何か食べたいと思ってますが・・・w

血糖値を上げない気持が大切です。書きながら・・・胸が痛い・・・・w

血糖値を上げない意識と血糖値の上昇を抑制する食物繊維も大事だと覚えておけばいいでしょう。

まとめ

40代ともなると、日々のお手入れがとても重要です。

普段、しっかりお手入れをしていない人は、今から、心を入れ替えて、しっかりケアしてください。お肌はケアすればするほど、応えてくれます。

顔がくすんで見えると、どうしても健康的には見られません。色々と原因はありますが、ほとんどの対処法をカバーしているサプリがあります。

プラセンタです。

プラセンタはコラーゲン、エラスチンといった、保湿の重要な働きをする成分を作ります。

詳しく言うと、コラーゲン、エラスチンを生成する細胞(線維芽細胞)を活発にするという事です。質の良いプラセンタなら可能です。

お化粧品は表面からのケア

プラセンタは内面からのケアだと言うことが出来ます。

母の滴プラセンタの口コミの記事→