更年期になると気温に関係なく、のぼせたり、
顔などがほてったりする事が起きてきます。

この状態の事をホットフラッシュと言い、更年期障害の代表的な症状の一つです。

顔は熱く感じるのに、手足は冷えているという不思議な事も起きることがあります。更年期のせいだけではなく、極度の緊張やストレスでも起きると言われています。以前は40代後半くらいからの症状でしたが、最近では40代になると気になる人が増えています。

ホットフラッシュの原因は?

完璧に原因が解明されている訳ではありませんが、女性ホルモンの急激な減少で自律神経の働きが悪くなります(バランスがくずれる)血管は自律神経の働きが大きく関係して、拡張したり、収縮したりして、身体のバランスをとります。

 

女性ホルモンの減少

自律神経の乱れ

血管の拡張、収縮のバランスの乱れ

急激な汗

この結果、自分でもビックリするくらいの汗をかきます。この急な汗は、更年期障害だけでなく、色々な病気で現れる時があります。

ひどい時は、自己判断は危険です。

速やかに病院に行くことをオススメします。病院に行くと、安心感が全く違います。安心感だけでも、精神的にかなり気が楽になります。

「ほてり」、「のぼせ」それだけでも辛いのに、
汗が恥ずかしいという二重の苦しみに襲われます。

ホットフラッシュの対処法

いつでも、どこでもお構いなしにひどい汗をかくホットフラッシュですが、更年期になると、ホットフラッシュばかりが続くわけでもありません。

今日はホットフラッシュ、次の日は気持の落ち込み、次の日はダルさがやってくる等。。。色んな症状が出てきます。

顔にばかり汗をかくのは、他の汗腺の働きが悪いからです。運動をして、顔以外の体内の汗腺を活発にすると
顔だけに汗をかくというひどい事にはなりにくいものです。

ホットフラッシュが出たから、運動してもちょっと遅いかと思います。やはり、普段からの運動が大切です。

またホットフラッシュに限らず、更年期障害は精神的なものから発症することもあります。ですので、気持の切り替えも大切です。更年期の時期をよく考えてみてください

・子どもが独り立ちする時期に重なっている
・仕事だとある程度責任がある立場にいる
・親の高齢化で、介護の心配が出てきた

大変な事が最も起きやすい年齢なんです。

・人生を楽しむこと
・趣味を見つけること
・気楽なスタンスでいる事

どんな専門書を見ても同じような事を言っています。
それを簡単に出来ない人がさらにつらい状況になっていきます。

自律神経が大きく関係してくるという事は、「うつ」の症状にも限りなく近い症状の事が多いですよね。

更年期障害がひどい人、うつがひどい人、同じように、真面目な人、一生懸命な人が多いと言われています。

気分転換に軽い運動をする。これが正解だと痛感します。ここまで読んで運動か・・・・とガッカリした方もいると思います。

実は女性だけの嬉しい方法があります。

更年期対策
お肌の対策

一度にやってしまおうよいう作戦です。

そんな大げさな事ではありませんが、プラセンタを飲んでみましょうという事です。病院で処方するヒトプラセンタではなく、気軽に試すことが出来るプラセンタサプリです。

・プラセンタは更年期障害に処方される事があります。
・プラセンタはホルモンのバランスを整えます。
・プラセンタはお肌の調子を整える期待が出来ます。

運動を始めるのはかなり、エネルギーが必要ですね。運動をする事より、「運動しよう」と決める時の方がエネルギーを消費する人が多いそうです。

そして、継続出来ない人がほとんどという現実。

余計に落ち込む

負のスパイラル

最初から無理なことはしない方が良い。

こういう事になります。

「お肌をキレイにしながら更年対策をしてみよう」作戦です。
運動よりハードルが低く感じませんか?
運動は継続する事がかなり難しいものです。

プラセンタサプリは「飲むだけ」です。いかがですか?

どうしても顔の汗を止めたい時


ホットフラッシュの時は本当にすごい汗をかきます。
血管が多く集まっている、首筋、うなじあたりに
冷たい物をつけるというのが、最も早い方法です。

もし家にいる時なら氷がベストです。暑い日のお化粧の時、汗を止めたいなら、コメカミに氷がオススメです。

まとめ

ホットフラッシュがひどい時は迷わずに病院です

病院に行くほどでもないような軽い症状の時は
漢方やプラセンタに頼る人も多くいます。

プラセンタを飲み始めるのなら、早めがいいです。そして大切な事は、合っている漢方やプラセンタに出会えたら、それを継続することです。プラセンタで美容、更年期対策の両方に期待出来ます。

私が飲んでいるプラセンタ