母の滴プラセンタexはもっとも売れているプラセンタの一つです。

売れている要因はなんといっても、馬プラセンタ100%という成分と、その実力です。

母の滴プラセンタexでスベスベ肌になれますか?

はい、期待できます!

母の滴公式
↓↓↓↓↓

母の滴プラセンタexはターンオーバーを正常に近づけます。

プラセンタは真皮にある毛細血管の血液の流れをよくする力があります。

血流がよくなると、皮膚への栄養補給、水分補給がスムーズに行われます。これが皮膚に潤いや、ツヤが出る要因。さらにプラセンタは線維芽細胞を元気にする力があります。

※線維芽細胞はコラーゲン、エラスチンを作り出す細胞です。

皮膚の表面の角質層がスムーズに入れ替わる事をターンオーバーと言いますが、このターンオーバーを促すのが、線維芽細胞なのです。線維芽細胞で膠原線維(こうげんせんい)、弾力線維(だんりょくせんい)を作り出せば、その結果として

 

コラーゲン、エラスチンが増えます。

お肌のターンオーバーがスムーズ

お肌がすべすべ

こうなります。

お肌を擦りむいた時に皮膚が赤くなりますが、表面にまだ出る予定ではない、皮膚が外側に出てしまったという事です。表皮の部分だけの傷であれば、お肌のターンオーバーがあれば、徐々に見えなくなってきますが、真皮までの深めの傷が出来ると治らない事が多いのは、こういった理由があるからです。

角質がきれいにはがれ落ちれば、お肌はキレイ、すべすべ。

母の滴プラセンタexはターンオーバーを促すので、すべすべ肌になるという事です。皮膚の内側からターンオーバーを促すのが、プラセンタです。内側からの角質ケアということも出来ます。

プラセンタが皮膚の内側からの角質ケアなのに対して、外側からの角質ケアではピーリングが有名です。

ピーリングはお肌に残っている古い角質を取り除いてあげる事でお肌が正常にターンオーバー出来るようになります。ピーリングは、向き不向きがあります。そして合うピーリング剤を見つけるのも難しいと言われます。

勿論、プラセンタにも向き不向きはありますが、プラセンタは自然な角質ケアだと言えるでしょう。

ターンオーバーが悪くなると??

プラセンタにはターンオーバーを良くする効果がありますが、このターンオーバーが悪くなると、どんな影響があるのかご存知ですか?

ターンオーバーは「角質」が剥がれ落ちるというイメージです。

半分正解です。

垢となった「古い細胞」が剥がれ落ちる過程をターンオーバーというのが正解です。

悲しいことに、年齢とともに悪くなり、私のようなアラフォーは40日以上かかると言われています。切り傷の治りが遅いのも、ターンオーバーが関係しています。また日焼けでも若い頃はいくら真っ黒になってもターンオーバーが良いので、夏の終わりには、いつもの肌色になっていたものです。

懐かしがっていてはいけません。ある程度の年齢になると、強い日焼けはアウトです。皮膚の奥で色素が沈着してそのまま「シミ」となってダメージになります。

シミにも期待出来るプラセンタ

シミがある人と、ない人の違いの画像を見た事がありますか?間違いなく年齢で5歳は違って見えます。

ターンオーバーが悪くなると、古い細胞が重なり合って角質層が厚くなります。

古い細胞は水分を保つ力がないため、お肌は乾燥して固くなり、小ジワもできやすくなってしまうのです。肌がガサガサというのはこの状態のことです。

プラセンタは線維芽細胞などの分裂を活発にし、その結果としてターンオーバーを早めるのです。

基底層(きていそう)にはメラノサイトという細胞があります。基底層はお肌の奥にあります。

日焼けした時に作られるメラニン色素はターンオーバーによって皮膚の外側へ押し上げられて垢となって剥がれ落ちますが、ターンオーバーが遅いと表皮内に残ってしまい、色素が沈着してシミの原因になってしまいます。

プラセンタはターンオーバーを整えるため、シミを解消する効果も期待できます。スベスベ肌にも期待できてシミにも良いという、優秀な成分です。評判の良いプラセンタサプリだとその効果を実感するのが早まります。

評判のいいプラセンタ→