シワ対策のためのプラセンタはどう?

勿論「あり」です。

プラセンタを選ぶ人の目的は、美容目的、更年期対策の両方の人がいます。
しわの対策の説明をします。

よく言われる事

美容液などの化粧品は外側からのケアで、プラセンタなどのサプリは身体の内側からのケアだと言われます。母の滴を選んだ人も外側からのケアも念入りに行なった方が嬉しい実感は近づきます。

母の滴の飲み方はもう説明しましたので省略します。
母の滴の飲み方の記事→

再確認のためにプラセンタの効果を簡単に説明します。

・エストロゲンなどのホルモンの分泌を整える
・血行を良くする
・線維芽細胞を活発にする
・新陳代謝をよくする
・活性酸素の発生を抑える
・メラニン色素を作りにくくする

など様々な効果があるプラセンタです。シワに対抗するにはプラセンタの作用の中の線維芽細胞を活発にするという部分です。

※線維芽細胞とは、コラーゲン、エラスチンを作る細胞の事で、エストロゲンなどの女性ホルモンと密接な関係があります。

詳しくいうと

加齢

エストロゲンなどの減少

線維芽細胞が衰える

コラーゲン、エラスチンが体内で作られない

シワシワ、潤いが無くなる

50代からずっとそのままの肌質

このような流れになります。

お肌のシワの原因は?

お肌のシワの原因はコラーゲンの減少で起きます。

お肌の奥の真皮にはコラーゲンという線維が存在します。このコラーゲンの線維が網目のようになっていて、お肌の弾力などの手助けをしています。

エラスチンはコラーゲンを止めている、ネジのようなものです。エラスチンもコラーゲンも両方が揃って役目を果たします。

加齢とともに、コラーゲン、エラスチンは減ってしまい、そして弾力もなくなり、最終的に「しわ」になります。シワに対抗するにはコラーゲンやエラスチンを作る細胞を活発にしなければいけません。

この線維芽細胞を活発にするのがプラセンタというわけです。線維芽細胞は、紫外線は活性酸素の影響でさらにダメージを受けます。お肌の老化、肌老化などはこれに相当します。

乾燥でシワが出来ると思いがちですが、本当はコラーゲンの減少からシワが出来ます。お餅を見ていても、乾燥するとシワが出来ると想像してしまいます。実際は乾燥ではなく、コラーゲンの減少がシワの原因です。

女性がシワを気にし始める時には、すでに真皮のシワが出来ています。
皮膚の表面は表皮、その奥が真皮です。

プラセンタは真皮のコラーゲンに作用してシワに対抗します。
そして美容液などは表皮からケアします。

内側からも外側からもケアしましょうという事はこういう事です。

余談ですが、シワを引っ張って伸ばそうとする人もいますがダメです(笑)フェイシャルエステでもシワを引っ張ることはしません。やさしくマッサージが基本です。

引っ張るとコラーゲンが傷んでしまい、さらにひどくなる事もあります。気持は分かりますが、ちょっと違います。

シワの出来やすい場所と原因

※目元

誰でも一番に気になる部分です。皮膚も薄いので目立ちやすいからです。
クレンジングでゴシゴシこすったり、目をこする習慣のある人は要注意です。

※額

頭皮を引っ張ることも額のシワに関係しています。
髪の毛を引っ張って結ったり、ブローの時に強く引っ張る人も要注意です。

※眉間

不満が多くて眉をしかめたりする人っていますよね?
あとは目が悪いのにメガネをかけずに見えないものを見ようとする人ってよく見ます。
どちらも眉間にシワができやすくなります。

※口周りのシワ

口の周りに縦にシワが出来たり、口の周り全体に出来る人もいます。
これは口の中の歯肉も関係しますが、ほぼ加齢によるものです。

※ほうれい線

これはシワではありません。顔全体の筋肉、脂肪が下がってくるためのものです。
シワというよりも、「段差」です。

シワのセルフケア

当たり前の事ですが、大切な事なので少しだけ

・しっかり睡眠時間を取る

お肌に大切な成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。また寝る時間が不規則だったりすると、コラーゲン生成も遅くなります。規則正しい睡眠時間がとても重要です。

規則正しい生活、睡眠をとることで、体内時計もリセットされ、起きた時から疲れているという感じも減ってきます。

・食事をしっかり

お肌だけでなく、身体は食事から作られます。バランスのとれた食事を心がけましょう。極端なダイエットなどは、美肌の大敵です。ダイエットする時にも、栄養バランスには注意しましょう。

・ストレスを減らす

ストレスは自律神経を乱します。自律神経の指示を出す場所は脳内のエストロゲンの分泌を指示する場所に近く、お互いに影響されます。ストレスがない生活は、ほとんどの人に無理な事ですよね。でも趣味を広げたり、楽しい事を見つけたりする事で少しでも減らす努力はした方がいいでしょう。

・スマホを見る時間を減らす

ブルーライトもお肌にいい影響は何一つありません。ブルーライトは自律神経を乱します。スマホ、パソコンはお肌の大敵です。寝る前のスマホは睡眠時間も短くなるので、考えた方がいいでしょうね。

ブルーライト対策のメガネをしてまでスマホを見るのもどうかと思いますが・・・・(笑)

母の滴プラセンタでシワ対策@まとめ

プラセンタを飲むだけで、お肌の調子は万全になると思ってはいけません。睡眠時間、食事など、他の事がとても重要です。

せっかくのプラセンタです。実感は大きい方が嬉しいですよね。お肌に大切な事を意識して規則正い生活を心がける事が大切です。

 

母の滴の公式サイトを見てみる
↓↓↓↓↓↓