40代になって、寝ても寝ても眠いという事はありませんか?

質の良い睡眠を心がけましょうとか
レム睡眠とかノンレム睡眠とか、難しい言葉じゃなく、もっと易しく説明してほしいですよね。

いつでも寝られるワンコはいいな・・・と何度思ったことか。

更年期になると女性ホルモン(エストロゲン)の減少が起こります。

卵胞刺激ホルモンを分泌して指示を出します。いくら卵胞刺激ホルモンを分泌して女性ホルモンを分泌させようとしても、機能が年齢と共に衰えてくるので分泌されません。ここでホルモンバランスの乱れが生じます。

ホルモンバランスの乱れは自律神経にも影響を及ぼします。エストロゲンの分泌を指示する場所が、自律神経のバランスを整える場所と近くにあり密接に連動しています。

 

自律神経に影響が出ると交感神経と副交感神経の活動時間の乱れが起きてしまいます。その結果、寝ても寝ても眠いという事が起きます。

ちょっと難しい言葉の解説

※卵巣で作られる女性ホルモンはエストロゲン

※エストロゲンを分泌させる指示を出すのが卵胞刺激ホルモン

※エストロゲン分泌の指示を出す部分と自律神経を整える場所は近くにある

※自律神経は交感神経と副交感神経の二つで成り立っている

交感神経は昼間に活発になる

副交感神経(リラックスを促す神経)は夜に活発になる。

 

加齢、運動不足、生活の乱れ

エストロゲンの減少

エストロゲンの分泌の指示を出す

分泌しない

さらに卵胞刺激ホルモンを出して指示

やっぱりエストロゲンは少ないまま

女性ホルモンのバランスが乱れる

自律神経のバランスが乱れる

交感神経と副交感神経の活動時間の乱れ

寝ても寝ても眠い

これが眠い原因です。加齢や運動不足、生活の乱れから眠くなりますが、ある程度の年齢だと更年期を疑うのが普通です。

更年期障害はホットフラッシュや頭痛、めまい、生理不順、憂鬱感やイライラなどの症状が代表的です。同様に睡眠障害も多く見られます。睡眠障害は眠くて仕方がない人もいますが、逆に不眠に悩む人もいます。眠いのも不眠も自律神経の乱れに起因しています。

簡単に説明してみましたが、お分かりになったでしょうか?

自分の思うように生活できない40代の女性

仕事の事、家事の事、子供のこと、親の介護など、たくさんのキーワードが出て来る年代が40代です。

自分が頑張らないといけない!と強く思いすぎて、逆に落ち込んでしまう時もあります。そして加齢が重なり、体調不良、睡眠障害など、毎日が憂鬱になります。

もっと気楽に生きましょうと言われても・・・・それが出来るのであれば、多分睡眠障害なんて起きませんね。

更年期の眠気対策

基本的な事ですが、やはり、適度の運動と食生活の見直しが大切です。

適度の運動は自律神経を整えるのが一番の理由です。寝る直前の運動は眠くならないので止めた方がいいです。念のため。もっとも続かないと言われているのがジョギングだという話です。何となく分かりますね。

更年期障害があまりにもひどい時は、迷わずに、病院です。

信頼出来るドクターの意見を聞くのが安心も手に入ります。病院に行くほどでもないのであれば、プラセンタサプリも選択肢の一つに入れておいてもいいでしょう。

私はプラセンタ派です。

※コラーゲン、エラスチンを生成する細胞を活発にします。
※プラセンタは女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

この二つの理由からプラセンタは人気です。更年期にも美容にも期待できます。一石二鳥だと思って飲んでます。

目覚めがよくなりました。
お肌の調子がよくなりました。
化粧のノリがよくなりました。
体調もよくなりました。

合う人にはとてもいいサプリです。
私が飲んでいるプラセンタサプリの話→

生活リズムの見直し、適度の運動、当たり前の事がなかなか出来ません。特に女性の40代は自分の事は後回しになる事が多いからです。少しはわがままになっても、バチはあたりません。

追伸

最近ベッドを購入しました。

マットは固いほうがいいとか、色んな迷信のような事が言われてますが、自分に合ったベッドを選ぶと、
それだけで疲れが違うようになってきました。

「質のいい睡眠」を初めて味わった気がします。そろそろベッドの交換時期だという方は慎重に選んでみてください。睡眠の質が劇的に変わります。

気にするキーワードは固い、柔らかいではなく「体圧分散」だと思います。勿論、生活リズム、適度の運動という基本的な事をした上での話です。基本的に、これだけやっていればいいという事はありません。大切なのは全体のバランスです。偏った、生活リズム、食生活には注意したいものです。

母の滴公式
↓↓↓↓↓