プラセンタ注射は更年期障害の治療の中の一つです。
先に答えから言っておきます。
保険適応、適応外、どちらもあります。

プラセンタ療法を希望の場合には前もって電話などで
確認してから行くことをおすすめします。

病院にもよっても適応範囲が変わります。

プラセンタ療法が保険適応になる場合

保険適応は原則として45~59歳くらいまでというクリニックが多いです。

それ以前でも、その症状によっては、適応される場合もあります。そして更年期障害の症状が重い場合というのも、適応してくれる可能性が高まります。

更年期はエストロゲン・プロゲステロン等女性ホルモンが急激に減少する事で起きる身体の不調ですので、適応年齢以前でも女性ホルモンの減少が見られる時などは、プラセンタ療法を保険適応で受けられます。

※どちらにしても、受診してからの事です。
しっかりとした適応の根拠がなければ保険適応は無理だと思って下さい。

またクリニックはその人に最も適した治療をする事が前提です。プラセンタ注射で治療してくれない時もあります。

電話で確認

適応、適応外、両方ある(原則として45~59歳くらいまで)

受診

検査結果をみて適応

この流れになります。

美容目的が明らかに分かるような人には適応になりません。残念といえば残念ですが、当たり前の事ですね。

更年期障害の主な治療法

プラセンタ療法
保険適応あり、適応なし、両方

プラセンタを皮膚、または筋肉に注射する方法です。プラセンタを摂取する事でホルモン分泌を促し、自律神経のバランスも整えてくれる事から、人気の療法です。

クリニックのプラセンタ注射の効果から派生して、今では動物系(豚、馬等)のプラセンタサプリも人気になっています。注意点は、プラセンタを注射すると、献血が出来なくなります。

というと、「大丈夫なの?」と不安に思われる人もいるはずですが、念には念を入れる目的で献血は止めておきましょうというレベルの話です。プラセンタ注射が始まって、もう40年近く経ちますが、何もトラブルは起きていないそうです。

献血が出来ないと聞いて尻込みする人もいると思いますが、医療で使用されるプラセンタは厳しい管理、試験の元で精製された安心なものです。不安になる必要は全くありません。一時期、芸能人でお肌のきれいな人はプラセンタ注射をしているという噂がありました。ほとんど事実という話です。勿論、保険適応外ですね。

※注射アレルギーの人は、プラセンタ注射に限らず
どんな注射でも不具合が起こる可能性はあります。。

最近人気の市販されているプラセンタサプリを
飲んでも献血は出来ますので安心してください。

ホルモン療法
保険適応ありのクリニックが多い。

エストロゲン・プロゲステロン等女性ホルモンの減少が大きな原因の一つなので、ホルモンが不足している部分を補充するという療法です。

※かなり省略して説明しています。もっと複雑な仕組みがありますが、敢えて、簡単に説明しています)

漢方療法
保険適応の漢方薬、なしの漢方薬あり。

ホルモン療法が出来ない人に用いられる事が多い療法です。漢方には効き目が穏やかなイメージを持つ方が多いと思われますが、しっかり実感出来るものが「処方」されます。漢方の種類によって適応、適応外があります。

プラセンタサプリが人気

更年期障害はクリニックで治療することで安心を手に入れるのが一番です。しかし、まだ病院に行くほどでもない場合、迷いますよね?

もしかして???という軽いレベル時に良いのがプラセンタサプリです。クリニックで処方、注射してくれるプラセンタはヒトプラセンタです。プラセンタサプリは馬、豚などの動物のプラセンタです。

もしかしたら?と思ったらちょっと飲んでみるのも一つです。更年期は初期のうちに対処しておくと、本格的な更年期に入った時に、穏やかな人が多いと言われています。勿論、全員に当てはまる事ではありませんが、初期段階が大切なのは間違いがない事です。

もしかしたらと思う時?

最も多いのは生理不順です。それまで規則正しい人に生理不順が起きたら疑ってみることも必要です。

一ヶ月で決めつけるのは早いですが、
何ヶ月か不順が続いたら意識してください。

プラセンタはコラーゲン、エラスチンを作る線維芽細胞を活発にします。これだけで、お肌がどうなるか分かりますよね?期待してしまいます。

そして、プラセンタは女性ホルモンの分泌を促します。プラセンタサプリは、分類分けすると医薬品ではなく、健康食品です。気軽に試すのなら間違いなくプラセンタサプリです。

※質の良いプラセンタ
※自分に合うプラセンタを継続して飲む

この二つで実感度は飛躍的にアップします。

私が飲んでいるプラセンタの話→