ムコ多糖体?

 

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なのは良く知られた事です。もう少し詳しく言うと、細胞と細胞の間に存在するムコ多糖類の一つ。

ムコ多糖体とか、難しい言葉は解説しません。知りたいのであれば、ムコ多糖体と検索してみてください。きっとすぐに見るのを止めてしまうと思います(笑)

簡単に言うと、細胞に栄養や水分を届けたり、逆に細胞から不要になった老廃物を取り出したりして、細胞、身体の代謝を助けているものです。

このくらい知っていれば充分です。

ムコ多糖体!それはね、。。。。。。と詳しく話せる人は、それほどいません。コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸などの集まりをムコ多糖体といいます。

加齢によってなくなっていくのは、本当はヒアルロン酸だけじゃなく、ムコ多糖体の自ら出来る力がなくなっていくという事。ムコ多糖体の体内合成力が衰えるという事を言います。

グサッと言いますが、年齢とともに増えるのはお肌の悩み。減るのは潤いです

ムコ多糖体

ほとんどの人は「聞いたことある」このくらいのレベルだと思います。勿論私もそうでした。ムコ多糖体を知っていても、お肌はきれいになりません。

理屈くらいは知っていても、邪魔にはなりません。「聞いたことがある」くらいのレベルでいいと思います。
少しだけ難しい話でした。

ヒアルロン酸は保水力があり、ヒアルロン酸1gで水6000ccの保水力があると言われているのはよく聞く話です。聞いた事ある人もいますよね?

そして保水力、肌のハリ、シワ、たるみの改善にも期待出来るのは、幼稚園生でも知っています。ウソですm(_ _)m

大人の女性なら誰でも知っている事ですよね。最も有名なのは保水力です。

ヒアルロン酸は何歳の時に最も多いか知っていますか?

私は高校生くらいが最も多いのかと思っていました。だってピチピチですものね。

そしてよく聞く言葉

「あの頃の肌」

このフレーズはよく見ますよね?私は高校生くらいだと思っていました。

「あの頃の肌に戻りたい」

CMでこの言葉を聞くたびに「余計なお世話!」と笑ってますが、内心ちょっと気になる。。。。なので高校生くらいかと思っていましたが、全く予想に反した回答でした。

ヒアルロン酸が最も多いのは赤ちゃんの時だと。。。。。

30代くらいから、急激に減り始め、40代では50%位になり、50代60代だと最も多かった時と比較すると25%ほどに減少してしまいます。

もう私の年齢だと半分になっているという事。。。。。

ヒアルロン酸が減少すると、潤いだけでなく、ハリも失われていくんです。

「老化、加齢」

この聞きたくない言葉は、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの減少や、それぞれのバランスが悪くなって加速します。加速です^^;

じゃ何を食べればいいの?

こう思いますよね。コラーゲンも大切だし、ヒアルロン酸も。エラスチン?セラミド?分かりませんよね。きちんと言える人はそんなに多くいないはず。

大まかにいうとムコ多糖体が多く含まれるものは

ウナギ、
スッポン、
牛軟骨、
フカヒレ。。。

とても毎日食べることは出来ないものばかり。
だからサプリで摂取する人が多かったんです。

 

コラーゲンが減少してきたからコラーゲンを摂取する。
ヒアルロン酸が足りないのでヒアルロン酸を摂る。

この考えも間違ってはいません。ただ、どうしても「その場しのぎ」に感じませんか?
保湿がキーワードです。

人間にはヒアルロン酸などのムコ多糖体をつくる細胞があります。(線維芽細胞)
その細胞に働きかけて、ヒアルロン酸、コラーゲンの生成を助けるのがプラセンタです。

母の滴はスーパープラセンタ

母の滴はプラセンタとサイタイが配合されています。
サイタイは天然のヒアルロン酸とも言われています。

今現在、ヒアルロン酸はバイオテクノロジーで生成されたものが主流です。簡単にいうと、人工的に作られたヒアルロン酸という事です。

そのバイオテクノロジーで作られたヒアルロン酸より保水力が高いのが天然のヒアルロン酸と言われるサイタイです。

バイオテクノロジーで生成されたヒアルロン酸より天然の物がお肌に馴染みやすいのは当然です。

プラセンタの開発をしている方とお話する機会がありました。サイタイをもっと使いたいと言っていましたが、ネックは原材料の少なさだと。期待しないで待ってます。サイタイを多めに使って出来た美容液なんて興味はあります。

ヒアルロン酸だけ摂取しても実感しますが、さらに期待できるのは、他の美容成分を併用して摂ること。ヒアルロン酸と同時に摂った方がいい成分は

・コラーゲン

・ビタミンC

・コンドロイチン

・エラスチン

・ビタミンB2 

このあたりだと言いますが。。。。

こんなに沢山の美容成分を摂れますか?私には無理です。
これじゃサプリを摂るというより、「食べる」感じになりますよね。

一度くらいなら摂取出来るでしょうが、大切なのは「継続」です。

「あれもこれも」は無理です。そこでプラセンタの出番です。プラセンタはコラーゲン、ヒアルロン酸を作る体内の「工場」を活性化します。コラーゲン、ヒアルロン酸を単体で摂取するより効率的です。

お肌にもっとも効率が良い事の一つはプラセンタを摂る事だとお分かり頂けましたか?良いのはプラセンタだけとは言いません。しかし、効率が良いものなのは間違いありません。

母の滴はサイタイとプラセンタ配合のスーパープラセンタです。売れているプラセンタの中では最もプラセンタのグラムあたりの金額が低い、コスパ抜群のプラセンタです。

評判のいいtp200nextと母の滴を比較した記事→